« ウキウキ! | トップページ | たいっふー! »

2017/08/30

アントクメ復活プロジェクト

2017年8月30日(水) 今日の富戸

天 候:晴れ
気 温:31℃
水 温:20~24℃
透視度:10~20m
風向き:南東
波・うねり:ほんのりウネリ

使用カメラ:
Nikon D610 AF FisheyeNikkor 10.5mm F2.8G +TELEPLUS 2×

facebook はログインなしで、誰でもご覧戴けます。

HP http://www2.wbs.ne.jp/~sandy/ リニューアル!


申し訳ございません。

9/4(月) ~ 9/14(水) 出張で不在となります m(_ _)m

※ ご予約は、お早めにお願いいたします。

 

今日も…やや特殊なお客様でした (^^;

東京海洋大学でアントクメを専門にしている研究生。

もちろん…

20170830antokume_0

アントクメファームを見に来てもらいました。

20170830antokume_1

昨年位からネットで知り合い、色々アドバイスしていただいてた縁。

20170830antokume_2

ほらほら、ここここ!

今年芽生えた、富戸の再生アントクメにも無事胞子嚢が出来てました!

20170830antokume_4

判り難いですが…付着器付近の黒っぽく見える辺りが胞子のできる所。

これで来春もまた新たな芽吹きが期待できます \(^o^)/

20170830antokume_5

もう一つの目的は、研究で使う成熟したアントクメのサンプル採取。

今ある富戸の再生アントクメの母藻を取った、八幡野で採集。

母藻を取った2016年と比べると、八幡野のアントクメも今年は少ない…

20170830antokume_6

でも、まだ全滅の心配があるほど減ってはいないので、環境の推移の中見守っていくしかありません。

減る一番の原因は、魚類による食害なので…外からいくらでも入ってきちゃう魚類を防ぐのは困難だもんなぁ。

20170830antokume_3

何度も書いてますが…、昆布目の海藻は胞子が広範囲に流れていかないので

一度無くなったエリアに再生させるためには、母藻を持ってきて繁殖させるしかないのです。

富戸の再生したアントクメも、まだまだ数が少ないので…今後も手を加えて繁茂するのを目指していきます!

今日も色々アドバイス頂いた東京海洋大学のA・S様、ありがとうございました!


|

« ウキウキ! | トップページ | たいっふー! »

ダイビング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウキウキ! | トップページ | たいっふー! »